お金と数字と温泉を考えるブログ

お金と数字と温泉を考えています。

MENU

マーケットが記録的1日だった3月9日を振り返る

3月9日は色々な意味で記録ラッシュのマーケットでした。

日本とアメリカ、それぞれ振り返っていきます。

日本

日経平均

f:id:umejiro330:20200310071438j:plain

日経平均は一時1,200円以上の下落。円高が進み株安を助長する結果になりました。

最終的に1,050円程度の値下がりとなりましたが、これは値下がり額でトップ20に入る下げです。

円高に関しては、午前中に北朝鮮がミサイルを発射した時に若干動いたため、過去に見られた「有事の円買い」の動きがまた表れている印象です。

アメリ

ダウ

f:id:umejiro330:20200310071455j:plain

夏時間が始まって早々の悲劇でした。

S&P500が7%以上の下げを見せたため、サーキットブレイカーが発動。一時的に取引が出来ない状態が発生しました。

下げ幅は驚きの2,000ドル。過去最大です。

また、証券会社のサーバーが相次いでダウン。

GMOやSBIなどで取引が出来ない状態が発生しました。

感想

いずれも、歴史に残るような相場でした。コロナウィルスの影響によるものです。

日本国内ではコロナウィルスによる死者は少ないですが、今後経済的な死者が発生することを懸念しています。

 

さて、悪いニュースばかりだと気分が荒みそうなので、上げ相場の画像を上げておきます。

米国20年債が好調です。

f:id:umejiro330:20200310071555p:plain