お金と数字と温泉を考えるブログ

お金と数字と温泉を考えています。

MENU

PASMOやICOCA残高をすぐに反映できる『ICカードリーダ』が便利

iPhoneのWallet機能は便利だが弱点あり

iPhoneの機能の一つとして、Apple PayにSuicaを紐づけることで、タッチで改札を通ることが出来るというものがあります。

最近では、定期券をネットで購入することが出来るようになり、更新前に長い行列を作って待つという手間もかからなくなりました。時代の進歩を感じます。

更に、Apple Payと紐づけることでマネーフォワードのような家計簿アプリに自動的に取引が記録することが可能になり、家計の可視化をすることが出来ます。

f:id:umejiro330:20200219214114p:plain
大変便利な『Suica

ただ、非常に便利なSuicaなのですが、弱点があります。
それは、JRを利用する路線しかネットで定期券を作ることが出来ない点です。

具体的にどのようなケースで使えないかを示してみると
〇JRだけに乗る
△JRと私鉄を乗り継ぐ
×私鉄だけ、地下鉄だけに乗る

このように、JRを用いない場合、Suicaで定期券を作れないので、仕方がなくICカードの定期券を作ることになります。

PASMOICOCA残高を確認、マネーフォワードと連携できる『ICカードリーダー』

Suicaではなく、PASMOICOCAで定期券を買っているけれども、マネーフォワードと連携をしたい…
そんな時に使えるのが『ICカードリーダー』です。

ICカードリーダー by マネーフォワード

ICカードリーダー by マネーフォワード

  • Money Forward, Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料
apps.apple.com

使い方はカンタン、アプリを起動させてスキャン画面でICカードをスキャンするだけ。

f:id:umejiro330:20200219214805j:plain
アプリを立ち上げてICカードをスキャン
1秒もかからず明細が出てきて、マネーフォワードに取り込みが出来ます。
f:id:umejiro330:20200219214902j:plain
マネーフォワードと連携できる

f:id:umejiro330:20200219215135j:plain
しっかり連携されていた(残高が少ない)

都度手入力することなく時短に

通常、マネーフォワードと連携できない情報は、都度手入力する必要があります。ただ、普段使いしているものはなるべく簡単に記録したいもの。タッチですぐ連携の『ICカードリーダー』、おすすめです。