お金と数字と温泉を考えるブログ

お金と数字と温泉を考えています。

MENU

【米国株投資】MAGAハットとMAGA相場

MAGAハットは襲撃、MAGA相場は歓迎

アメリカのトランプ大統領が度々用いているスローガンで『Make America Great Again』があります。
そのフレーズが書かれている帽子(『MAGAハット』)を、トランプ大統領支持者が被っていると
リベラル派に襲撃されるそうです。

www.trumpnewsjapan.info
一方で、米国株のMAGAについては、投資家から歓迎されているようです。

『MAGA相場』

MAGAとは、アメリカで時価総額1兆ドルを超える企業である
Microsoft
Amazon
Google
Apple
を指します。Facebookは1兆ドルを超えていません。
米国株は連日最高値を更新するニュースが出ていますよね。MAGA株の好調により、相場が上昇しつづけているわけです。相場が崩れる様子は見られません。

f:id:umejiro330:20200215194431j:plain
SP500は最高値更新中
他方、中国や日本株はボックス相場が続いております。肺炎の影響を受けて株価が乱高下しているのもありますが、やはり上記のような圧倒的な企業が存在せず資金が入ってこないというのもあります。

肺炎の影響も徐々に見られるものの安定

2月に入ってから、アメリカではコロナウィルスの影響で安全資産である債券への資金流入が増加しているとのこと。
ただ、その中でも株高は続いています。コロナウィルスで景気が不調になればFRB量的緩和をしてくれるから、という考えが市場に広がっているようです。
どう転んでも上がり続ける相場に、アメリカの力強さを感じずにはいられません。