お金と数字と温泉を考えるブログ

お金と数字と温泉を考えています。

MENU

温泉記その7 奥多摩の風 はとのす荘

f:id:umejiro330:20180604205838j:plain

www.okutamas.co.jp
特徴
・駅近で混雑なし
奥多摩と言えばハイキング・トレッキングが有名で、6月や7月のハイシーズンには多くの人が訪れる場所である。
そして、ハイキングやトレッキングの後にはやはり汗を流す温泉に入りたいものである。

奥多摩で有名な温泉と言えば「もえぎの湯」である。
www.okutamas.co.jp
奥多摩駅から徒歩10分ほどで、食事もできる温泉施設である。
しかし、ここの最大の欠点は「奥多摩にして整理券を配られるくらい混雑する」という点である。
汗をかいているのであるから、すぐに温泉に入りたいと考える人は多いはず。
そのニーズを満たすことが出来ないのである。

そういう、今すぐに温泉に入りたいという人には「はとのす荘」をお勧めする。
混雑しない理由は、奥多摩駅から2駅離れているという点と、日中しか日帰り入浴をやっていないためである。
完全なる穴場スポットであるからおすすめしたい。

鳩ノ巣渓谷を眺めながら、大変清潔な浴槽
施設は2015年に完成したばかりで、大変手入れされており清潔である。
それに加えて混雑していないので、鳩ノ巣渓谷を独り占めして入浴できることも。
至れり尽くせりである。

・そもそも奥多摩に来ている時点でリラックスできる
もはや温泉とは関係ないのだが、奥多摩に来ている時点でリラックスできる。
日本の原風景を体感するなら奥多摩でしょう。