お金と数字と温泉を考えるブログ

お金と数字と温泉を考えています。

MENU

温泉記その6 おふろcafe utatane

f:id:umejiro330:20180429221931j:plain

ofurocafe-utatane.com

〒331-0815埼玉県さいたま市北区大成町4丁目179-3
特徴

・大宮にある、23時間営業の温泉宿
大宮駅から歩いて15分ほどの距離にある、温泉施設。
朝10時~朝9時までの23時間営業を行っている。
深夜帯でも宿泊可能で、1晩滞在して2000円程度は安価。
オプション(有料)で個室や仮眠室を借りることができる。

・「おふろcafe utatane」
名前の通り、温泉施設ではあるが、うたた寝のできるcafeでもある。
館内の至るところにくつろぎスペースが準備されている。
24時間明かりが消えることが無いので、大人数で夜通し話をしたり、お酒を飲んだりするのには
適した場所であるだろう。

・浴場は低クオリティ、雰囲気に騙されるな
一方で浴場はというと、壁の多くの塗装が剥がれ落ちていたり、換気扇が汚れていたりと手入れがされていないようである。
つまりこの温泉施設は「温泉」の汚さを「cafe」で誤魔化している、とも言える。
確かに浴室のペンキ塗りをするよりも館内に絨毯を敷いた方が安上がりなのかもしれないが、
ここは大きく裏切られたポイントである。
この温泉施設は「温泉」を楽しむ場所ではなく、あくまでもオマケであるんだということを感じた1日であった。